2018年08月06日

夏の汗とにおい、「汗腺トレーニング」で改善せよ!


五味院長の取材記事が掲載されました。

 目に見えない「におい」が、視覚的な要素でもある「身だしなみ」に大きく影響している。

 きつい体臭は取引先や顧客など、初対面の人の印象をマイナスにするだけでなく、日々接している社内の人間関係も悪化させる。自分が相手に与えるにおいを意識して、マネジメントすることは、日常生活でもビジネスのマナーとしても重要だ。特に、暑い時期の汗のにおいは放っておけない。

 最終回は、五味クリニック院長、五味常明医師に、すぐに始められる汗とにおいの対策について聞いた。

普段の生活で何ができる?
――暑い時期は汗のにおいが気になります。入浴法で気を付けることはありますか。

五味常明氏(以下、敬称略) 日頃から、におわない「いい汗」をかけるように汗腺を鍛える習慣をつけることが大切です。まずは入浴の方法から見直してみましょう。

 お風呂は寝る前に入って、そのままベッドに入る方が多いと思いますが、におい対策においては、おすすめできません。人間の体は、寝入りばなに寝汗をかいて体温を下げ、脳を落ち着かせることで熟睡できるようになっています。寝る直前の入浴は、脳の温度と体温が上がっている状態なので、熟睡できないだけでなく、体が必要以上に汗をかき、これが残ると体臭を引き起こします。

 また、夜、お風呂に入らず、朝、シャワーを浴びている人も多いと思いますが、入浴後にすぐ活動すると、においの元となる乳酸がたまりやすくなります。夜も朝も入浴後、少なくとも1時間ぐらいはゆったりした気分で過ごしたいものです。さらに、朝のシャワーは高温で浴びると、出かける前に汗をかいてしまうので、水温は体温以下の温度にして体内に熱をためないようにしましょう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53518
posted by gomiclinic at 19:04| ネット

「汗をかかない生活」が体臭の原因に

五味院長の取材記事が掲載されました。

 暑いと汗が出る、体を動かすと汗が出るのはごく自然なこと。日々の生活で私たちが汗を意識することはあまりない。

 汗には気化熱で体を冷やし、体温の上昇を防ぐという重要な役割があるにもかかわらず、一方で「汗臭い」「汗まみれ」など、汚いものの象徴として見られる傾向にある。最近では、冷房の普及で汗をかく機会自体も減り、汗をかかずに夏を過ごすことも珍しくなくなった。大量に汗をかくのも注意が必要だが、汗をかけないことで体調不良になることもある。

 汗による体臭や脳への影響、よい汗のかき方について、汗のスペシャリストである五味クリニック院長、五味常明医師に聞いた。

脳は熱に弱く、思考を低下させる
――汗はなぜ出るのでしょうか?

五味常明氏(以下、敬称略) 人間が活動するためには、エネルギーが必要なのは衆知のとおりです。人体はできるだけ高いエネルギーの栄養源を摂取して、体内の代謝によって活動エネルギーに変換するのですが、代謝されるときにその副産物として熱が産出されます。

 けれども、脳は温度の変化に極めて敏感で、とりわけ高温に弱いのです。体内のエネルギー代謝時に産出される熱により、脳の温度が1℃上がるだけでも、脳の活動が阻害されて思考が低下します。暑いときに頭がぼーっとすることは誰もが経験しているでしょう。

 そこで機能するのが汗腺です。汗腺から汗を放出させることで、汗が気化熱となり、熱を放出し冷却、体内の温度を一定の状態に保つことができます。体温調節に汗腺機能が備わっているのは、人間やウマなどに限られています。人間は汗腺機能の発達で、身体活動と脳による知的活動の両方を有効に行うことが可能となりました。長い歴史の中で、人類だけが脳を進化させて文明を築いてきたことに、汗が大きく貢献しているといえます。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53319
posted by gomiclinic at 19:03| ネット

においで大減点! 体臭が第一印象に与える衝撃

五味院長の取材記事が掲載されました。


じめじめとした暑い季節の到来。汗ばむこの時期に気になるのが体臭だ。

 近年の清潔志向の高まりで、“におい”に対して敏感に反応する人が急増している。「隣の人が臭くて集中できない」「上司の体臭が耐えられない」「香水がきつくて気持ちが悪くなる」というように、職場でにおいのトラブルを訴える人が少なくない。「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」に加え、においによる嫌がらせ「スメルハラスメント」という言葉も定着してきた昨今、企業も対策を迫られている。

 25〜49歳の働く男女約1000名を対象に2017年に行われた調査*1によると、職場における『周囲の身だしなみで最もどうにかして欲しいこと』を聞いたところ、1位「ニオイ(体臭)」67.1%、2位「ニオイ(口臭)」60.2%。自分のにおいも含め、においが気になって仕事ができないという人が56.2%と半数以上を占めた。

 さらに、におい(体臭)は相手の評価にどのような影響を与えるかを聞いたところ、相手の立場に関わらず、1位「一緒に仕事をしたくないと思う」、2位「周囲への気遣いや配慮が足りないと思う」という結果が出た。4割の人が「職場にスメルハラスメントがある」と回答し、6割が「問題である」と認識している。

 職場において、におい(体臭)は対人関係のトラブルを引き起こすだけでなく、集中力を低下させ、仕事にも支障をきたしているということが浮き彫りとなった。

 そこで、におい研究・体臭治療の権威である、五味クリニック院長、五味常明(ごみ・つねあき)医師に、職場における「スメハラ」の現状とビジネスに与える影響について聞いた。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53187
posted by gomiclinic at 19:01| ネット

汗が臭い人は思考が鈍い? “におい”をマネジメントしてデキる人になろう!

五味院長の取材記事が掲載されました。

あなたは自分の「体臭」のケアをしていますか? 仕事、恋愛、家族関係が思うようにいかないのは、もしかしたら体臭をほったらかしにしていることが関係しているかもしれません。『なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?』(五味常明/かんき出版)は、人の印象を左右し人生まで変えてしまうという、人間の発する「臭い」について、その原因と改善策をわかりやすく解説していく1冊です。五味常明氏はクリニックの院長を務め、体臭・多汗研究所所長という肩書きで、体臭研究の第一人者として知られる人物です。
https://ddnavi.com/review/470413/a/
posted by gomiclinic at 18:56| ネット

ひどいワキ汗は病気なの? 多汗症チェック&ワキ汗を止める方法

五味院長の取材記事が掲載されました。


薄着の季節になりました。電車の中でワキ汗が気になってつり革がつかまれない! アセ染みが付くから白いシャツが着られない......など、これから夏にかけて"ワキ汗"に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


毎回さまざまな専門家が出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月〜木 午前9時28分〜放送中)から、体臭・多汗研究所所長でもある発汗障害のスペシャリスト、五味クリニック院長・五味常明先生に「ワキ汗の抑え方」を伺いました。


http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2018/017458.html
posted by gomiclinic at 18:52| ネット

【梅雨前におさらい】梅雨時の足の臭い、5つのアプローチで撃退

五味院長の取材記事が掲載されました。


梅雨時に悩みの種となるのが、足の臭いです。汗と臭いの第一人者、五味クリニックの五味常明先生に、すぐにできる足の臭い対策を教わりました。

https://weathernews.jp/s/topics/201806/030095/
posted by gomiclinic at 18:44| ネット

2018年08月03日

入浴+食事の工夫 夫のミドル臭対策は家庭でできる

五味院長の取材記事が掲載されました。

 忙しく働いているパパなのに、妻や娘から「パパ、臭い」と言われたことはありませんか? あるいは、いつか言われるかも、とビクビクしていませんか? 実際に困っているというママもいることでしょう。30〜40代から出やすくなるミドル脂臭(別名つわり臭)は、女性に強烈な不快感を与えるといわれています。なぜそういう臭いが起きるのか、体臭が発生するメカニズム、そして対策について、体臭研究における第一人者として治療と研究を続ける、五味クリニック院長の五味常明医師にお話を伺いました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31475990X00C18A6000000?channel=DF260120166497
posted by gomiclinic at 06:28| ネット

夏本番!汗を一時的に止めるには、動脈を冷やそう【お医者さんがアドバイス】

2018/07/03五味院長がTBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」が出演しました。

https://www.tbsradio.jp/269789

お医者さんに聞いてみた!
今回は、汗のスペシャリストに伺うことにしました!お伺いするのは、汗を扱って34年!汗に悩む患者さんを診てきた五味クリニック院長 五味常明(ごみ・つねあき)先生に、今紹介した汗を一時的に止める方法の効果を医学的に電話で解説して頂きました!さらに五味先生が一番早く汗を止める方法をこの中から選んで頂きました。

五味クリニック院長 五味常明さん
「▼医学的に言えば、汗を抑えるツボはない。皮東洋医学的にはたくさんツボはある。ツボのところに当たれば、その場所は汗が減る。医学的には正しくはない。
▼リンパ節はリンパ節というよりも実は、動脈。脳の中に体温を調節する中枢がある。脳の温度が低くなっていれば、汗をかく必要がないので汗を止める。動脈を冷やすことによって脳温が下がる、すると汗が止まる。だから表現の仕方。リンパ節を冷やすのではなくて、正しくは動脈。動脈のまわりに一杯リンパ節があるので、間違いではない。
▼一番有名なのは、舞妓さんの高帯、胸を帯で締めている。それを半側発汗という。胸全体を圧迫すると体を半側=つまり上半身と下半身に分けると顔まで含めた上半身の汗が減る。その代わり下半身が増える。これも非常に効果あります。
▼早い順で言うと動脈をひやすことですね!」
注意点
注意点としては、一時的に汗を止めることは大丈夫ですが、ずっと止めておくと、体に異変が起こる可能性もあるそうなので、無理に長時間止めないで下さい!
posted by gomiclinic at 06:26| ネット

女性にも加齢臭はある ホルモン変動や疲労、更年期によるニオイの防ぎ方

五味院長の取材記事が掲載されました。

体臭をつくる原因は男性でも女性でも基本的には同じですが、女性の体臭の特徴はホルモンの影響を受けやすいことです。
たとえば、生理前には皮脂腺の分泌が盛んになり、皮脂が酸化し脂っぽいニオイが強くなることがあります。生理のときの月経血が酸化腐敗し、デリケートゾーンのニオイが強くなることもあります。


https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180531-OYTET50012/
posted by gomiclinic at 06:12| ネット

ワキガの衣類を洗濯する上で絶対に知っておくべき3つのポイント

五味院長の取材記事が掲載されました。


衣類に付着したワキガ臭や黄ばみは非常に取れにくいものです。ワキガ体質の人はせっかく新しい衣類を購入したのにワキガ臭や黄ばみが付いてとても残念な気持ちになったり、また他人に不快な思いをさせていないかと心配したりといった経験をお持ちではないでしょうか?

ご本人だけでなく、ご主人のワキガ臭の洗濯に苦労している奥様も多いかもしれませんね。

ここでは、@衣類へのワキガ臭や黄ばみの付着を防ぐ方法と共に、それでも付着した場合のためにA最も効果的な洗剤の選び方とB正しい洗濯方法という3つのポイントをご紹介しています。

さらにネット上にあふれるワキガ臭を取る方法のまちがいや洗剤選びの注意点などもご説明しています。

最後までお読み頂ければワキガ臭の洗濯の悩みは解決できますよ!ぜひ参考にしてみて下さい。

https://etiquepure.com/wakiga-irui-8621


posted by gomiclinic at 06:05| ネット

「大量のワキ汗」「ニオイ」…梅雨から夏の汗のお悩みにプロが回答! [with]

五味院長の取材記事が掲載されました。


蒸し暑くなる梅雨時や夏、女子を悩ませる汗問題を専門家が解決します!

夏のお悩みの筆頭・汗問題! 「大量にかいてしまうワキ汗をどうにかしたい!」「私の汗って人より臭うんじゃ…」なんて悩んでいる人も多いのでは?でも、今はいい商品もたくさん研究されていますし、適切なケアで悩みはぐんと減らせるもの。なかなか人に聞きづらい、汗に関するお悩みをプロがまとめてお答えしちゃいます!

http://www.joseishi.net/2018/07/03/69919/
posted by gomiclinic at 05:58| ネット

臭う汗と臭わない汗(1)運動不足、エアコン、緊張…生活習慣があなたの汗をクサくする

五味院長の執筆記事が掲載されました。

 人間は脳のために汗をかきます。また、そうして汗腺が発達したからこそ、脳はさらなる進化が可能になったのです。まさに、人類の文明は「汗のたまもの」なのです。

 その大切な汗を現代人は「臭い」、「汚い」、「ベトベト気持ち悪い」と敬遠して、汗をかかなくなってしまいました。この汗をかかないことが、実は、現代人の汗が「臭い汗」になっている原因なのです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180620-OYTET50039/
posted by gomiclinic at 05:57| 雑誌

2018年08月01日

体臭や口臭など気になるニオイ解消法

五味院長の執筆記事が掲載されました。

PHPのびのび子育て 2018年8月号
専門家がアドバイス!お母さんの美容と健康
第32回 体臭や口臭など気になるニオイ解消法
五味常明
https://www.php.co.jp/magazine/phpex/
posted by gomiclinic at 06:45| 雑誌

たかが臭い、されどニオイ〜ニオイに関する不安を解消

五味院長の執筆記事が掲載されました。


季刊誌「心とからだのオアシス」30年夏号
中央労働災害防止協会編
A4変型判 /48頁
定価515円(本体477円+税8%)
発行年月日 20180701

○特集 夏 ! 知っておきたい ニオイと香り
たかが臭い、されどニオイ〜ニオイに関する不安を解消
五味 常明 五味クリニック 院長

https://www.jisha.or.jp/order/teiki/index.php?mode=detail&goods_cd=17207

posted by gomiclinic at 06:44| 雑誌

夏のデオドラント

五味院長の執筆記事が掲載されました。

汗のにおいの原因は皮膚にすみついている雑菌。さらに現代人は汗をかくことが減り、汗腺が衰えたため、雑菌が繁殖しやすい「悪い汗」をかきやすくなっているといいます。また、「悪い汗」は水分とともに体に必要なミネラルも体外に出してしまうため、夏バテや熱中症を招きます。ここでは、「よい汗」をかくための生活習慣や汗腺を鍛える入浴法、かいた汗をにおわせないポイントなどをご紹介します。

https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2012_07/
posted by gomiclinic at 06:41| ネット

2018年07月31日

なないろ日和「汗と体の臭い お悩み解決110番」

7/31、なないろ日和(テレビ東京)に五味院長が出演しました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/7stlive/2017/07/post-1348.html


●悪い汗チェック
@かいた汗はベトベトしている
A大粒の汗をドッとかく事が多い
B汗をなめるとしょっぱい
C汗のにおいがクサい
⇒4つのうち1つでも該当すれば悪い汗の可能性大

【悪い汗を解決!お風呂の入り方】
@ 42〜43℃の少し熱めのお湯を浴槽の1/3程ためる
A バスチェアを浴槽に沈めて座る
B 前かがみになり手足をお湯につける
(1回の目安:約10分 2週間続けると改善される)
posted by gomiclinic at 16:00| テレビ

2018年07月28日

「汗をかかない生活」が体臭の原因に

五味院長の取材記事が掲載されました。


暑いと汗が出る、体を動かすと汗が出るのはごく自然なこと。日々の生活で私たちが汗を意識することはあまりない。

 汗には気化熱で体を冷やし、体温の上昇を防ぐという重要な役割があるにもかかわらず、一方で「汗臭い」「汗まみれ」など、汚いものの象徴として見られる傾向にある。最近では、冷房の普及で汗をかく機会自体も減り、汗をかかずに夏を過ごすことも珍しくなくなった。大量に汗をかくのも注意が必要だが、汗をかけないことで体調不良になることもある。

 汗による体臭や脳への影響、よい汗のかき方について、汗のスペシャリストである五味クリニック院長、五味常明医師に聞いた。


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53319
posted by gomiclinic at 13:18| ネット

夏の汗、気になるニオイ…。汗博士に聞いたベストな「汗対策」って?

五味院長の取材記事が掲載されました。


2018年の夏は、気温が35度を超える猛暑日が増えるという予想が出ています。そこで誰もが気になるのが、ジメッとした暑さによるベタつきとニオイのもとになる「汗」ではないでしょうか?

外出が多い営業職の方や女性にとって、とくに汗の悩みは切実なはず。そこで今回は、「新・もう汗で悩まない(ハート出版)」の著者であり、「汗博士」の異名を持つ五味クリニックの五味常明院長に「汗対策」について伺いました。

汗を止める方法も合わせてご紹介しているので、緊張するとたくさん汗をかいてしまうという人にも、きっと役立つはず!


https://doda.jp/careercompass/compassnews/20180621-36730.html

posted by gomiclinic at 13:13| ネット

2018年07月27日

会議や満員電車でかく汗は、通常の汗より強くにおう!? 原因や対策は?【医師監修】

五味院長の取材記事が掲載されました。


ストレス下でかいた汗は、運動でかいた汗と比較して強くにおっている可能性が。五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長の五味常明先生に、ニオイの原因と対処法について教えていただきました!
https://shigotonadeshiko.jp/209056
posted by gomiclinic at 06:43| ネット

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

五味院長の取材記事が掲載されました。

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)

https://kenka2.com/articles/1870
posted by gomiclinic at 06:40| ネット