2016年11月23日

冬こそ匂ってる!? ムレ汗対策アロマテラピー3段活用

ご存知でしたか? 汗のニオイ対策というと夏のイメージがありますが、実は冬にかく汗の方がクサイらしい……ということを!

冬に大活躍の保温性の高い機能性インナーをはじめ、ダウンジャケットやコート類は熱が逃げにくい素材でできているため、汗をかくとどうしても蒸れやすい環境になります。このムレた汗は、夏場やスポーツなどでかくような普通の汗よりもクサイ! ということなのです。

汗・多汗症専門の五味常明医師(五味クリニック医院長)によると、冬の方が汗がニオイやすいとのこと。それはこの「ムレ汗」が原因なんです。ということは、冬の方が夏よりも汗のニオイに気を配った方がいいと言えそうです。

確かに、温かい部屋の中、混雑した冬の満員電車、暖房の効いたお酒の場などで、むっとした汗のニオイを不快に感じた経験はありませんか。これは“ムレ汗”が原因だったんですね。

なぜムレ汗は匂うのか? それは、汗の質が原因でした!

さらに五味先生によると、冬のムレ汗がニオうのは、「汗の質」が影響しているのだそうです。つまり、夏に比べて気温の低い季節は汗をあまりかかないため、かいたときには「悪い汗」が出やすい状態になっているということ。

悪い汗とは、栄養素を含む汗で、そのため雑菌のエサになりやすいのです。雑菌はアルカリ性であるため汗を放置しておくと嫌なニオイが発生してしまいます。

健康は肌はもともと弱酸性の皮脂膜で覆われています。アルカリ性に傾くことで、ニオイやすい状態を作ってしまうのですね。

実際、制汗デオドラントの「デオナチュレ」を販売している株式会社 シービックと先述の五味先生の共同実験により、ミョウバンを使ってアルカリ性の汗を酸性にすることでニオイを抑えられる、という実証がされたそうです。


では、アロマテラピーでムレ汗を防ぐアプローチとは?

今回は、ニオイ対策をアロマテラピーの観点でご紹介したいと思います。しかし、アロマテラピーのエッセンシャルオイルにはミョウバンのように酸性のものはありません。そこで、清潔で健康な肌にするため次のようなアプローチが考えられます。

・肌を清潔に保つことで弱酸性の皮脂膜をもつ健康な肌をとりもどし(維持)、汗をたくさんかくことで「悪い汗」を減らす
・汗や皮脂をふき取って肌を清潔に保つ
・嫌な匂いをマスキングする

今回は、冬のムレ汗対策にオススメのアロマバス、デオドラント・アロマスプレー、アロマボディコロンの3段活用の方法と、それぞれのアロマのブレンドもご紹介します!

続きはリンクを参照
http://allabout.co.jp/gm/gc/460580/

posted by gomiclinic at 14:49| ネット

2016年11月05日

【男の相談室】くさいと職場で評価が下がる 社員のにおい問題は会社の一大事

J−CASTニュースに五味院長の記事が掲載されました。
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/09/06277138.html


先述の五味クリニックの五味常明院長は、2016年8月30日放送の「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)で、ミドル脂臭が強いのは疲労で健康が損なわれているためだと説明した。また、ビジネスマンが体臭を気にすると、「自分は人に迷惑をかけているんじゃないか」と自信を失い、対人関係に積極性がなくなる。においそのものは周囲にとって迷惑なので、社員の士気にも影響する。こうしたマイナス相乗効果が、職場にもたらされると指摘した。
posted by gomiclinic at 08:31| ネット

2016年11月04日

自分のニオイが怖い「自己臭恐怖症」が増えている! ホントはクサくないのに……

ITメディアニュースに五味院長の記事が掲載されました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1610/12/news061.html

 ワキガや多汗症などの治療やカウンセリングを専門的に手がける「五味クリニック」(東京都新宿区)。30人ほどの患者が通院するが、その7割は自己臭恐怖症と診断される。精神的な疾患で、他人から「くさい」と指摘されたことなどをきっかけに、「自分が周囲を不快にしている」と悩むようになる。患者の中には、実際に強い体臭がないにもかかわらず、悩んでいる人も目立つという。

 自己臭恐怖症が悪化すれば、仕事が手につかなくなったり、外出できなくなったりすることもある。

 五味常明院長は「10年前は外来の3割ほどだったが、ここ数年で急増した。スメハラの登場など『臭い』が許容されにくい社会となったため、悩みの種になったのだろう」と説明する。

中略

 また、五味クリニックの五味院長によると、食生活も影響する。過度の飲酒や加工食品など偏った食事を改め、野菜を含めてバランスよく食べることが大切という。

 さらに、運動不足は血行不良などを引き起こし汗腺の機能も低下する。生活に適度な運動を取り入れることで血行が改善され、老廃物が排出されることで体臭を防ぐ効果があるとされている。
posted by gomiclinic at 10:56| ネット

2016年10月09日

企業でセミナー・検定も 「気にしすぎ」の声も

毎日新聞に五味院長の取材記事が掲載されました。
http://mainichi.jp/articles/20160905/k00/00e/040/163000c

 一方、無臭志向が広がっていることに、体臭の改善や多汗治療に取り組む五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長は「体臭に敏感になりすぎている」と警鐘を鳴らす。体臭の悩みを訴える来院者のうち約7割は、臭いはなかったという。「体臭を過度に気にすると自己否定につながる恐れがある。自分の体臭におびえるあまり人を避けるようになり、積極性が失われてしまいかねない」

 ただ、体臭は疲労や生活習慣の悪化で強まることもあり、体調を測るバロメーターにもなり得る。五味院長は「心身の健康管理という面も考えて実施すべきだ」と話している。

posted by gomiclinic at 19:42| 雑誌

2016年10月08日

視点・論点 「気になる?加齢臭・体臭」

NHKの解説アーカイブに五味院長の加齢臭、体臭についての解説が掲載されました。


http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/219002.html


近年、体から出るニオイを気にする人が増えています。自分の体臭で他人を不快にしているのではないか。人から嫌われるのではないか、と悩むのです。以前は体のニオイを気にするのはほとんどが若い女性でしたが、最近では中高年の男性や高齢者にも「加齢臭が出ているのではないか?」と心配する人が増えています。たとえば久しぶりに訪れた孫から「おじいちゃん、臭い!」と言われたことで自分の体臭が気になって外出もしなくなったというケースもあります。

 では加齢臭とは、どんなニオイなのでしょうか?
posted by gomiclinic at 07:33| ネット

2016年10月05日

汗がおしっこと同じ臭い? 疲労でクサくなる悪習慣の要因

五味院長の取材記事が掲載されました。

週プレニュース
https://news.nifty.com/article/item/neta/12176-72252/

最近、仕事が忙しくて疲れ気味…。そんな場合に危ないのが、加齢臭と違って年齢にかかわらず、汗がおしっこのような悪臭を放つという恐怖の「疲労臭」。その発生メカニズムと予防法とは!?
posted by gomiclinic at 05:40| ネット

2016年10月04日

大発見!加齢臭はクサくなかった……専門医「気にしないこと大切」

ライブドアニュースに、五味院長の取材記事が掲載されました。

大発見!加齢臭はクサくなかった……専門医「気にしないこと大切」
http://news.livedoor.com/article/detail/11903001/

中高年になると気になり出すのが加齢臭だ。汗が大量に流れる夏は悩みもより深刻になる。「教えて!goo」にも中年男性から「加齢臭って?」という臭いの原因や予防法を尋ねる相談が寄せられている。専門家に加齢臭が発生するメカニズムなどを尋ねてみた。
posted by gomiclinic at 18:53| ネット

2016年10月03日

もう悩まずに済むワキ汗対策とは?

〜うれしいお肌、ずっと続く〜ウレハダ に五味院長の取材記事が掲載されました。

袖のある服を着たときにできるワキ汗は、女性にとっては特に恥ずかしいもの。でも気づかないうちに、汗がにじんでいたり、シミになったりしてしまったりしていて、恥ずかしい思いをした経験を持つ人も多いはず。
そこで今回は、五味クリニック院長の五味常明先生に、ワキ汗をかきやすい人の特徴や、ワキ汗をできるだけ止める方法について聞きました。
http://www.urehada.com/20160911/4116/
posted by gomiclinic at 16:43| ネット

2016年10月02日

「太っている人の汗は臭い」ってホント?

日経グッデイ おとなのカラダゼミナールに 五味院長の取材記事が掲載されました。

「太っている人の汗は臭い」ってホント?
そのにおいは加齢臭、疲労臭、ミドル脂臭、糖尿病臭の複合体だった
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100018/081000040/?ST=bodycare&P=1
posted by gomiclinic at 16:01| ネット

2016年09月30日

汗は本来におわないもの ニオイを抑えるためにも「いい汗」をかこう!

花王くらしの研究 > 達人コラム  に五味院長の取材記事が掲載されました。

ニオイを抑えるためにも「いい汗」をかこう!
http://www.kao.co.jp/lifei/column/26/
気になるニオイの原因となる汗は、「できればかきたくない」と思われがち。けれども、汗には、脳が発達した人間ならではの重要な役割があります。今回は、汗やニオイで悩む多くの人たちの相談にのっている体臭・多汗研究所の五味常明先生に、汗のニオイの原因や、におわない「いい汗」のかき方についてお話をうかがいました。
posted by gomiclinic at 10:36| ネット

2016年09月21日

“スメルハラスメント”を防げ! テレビ東京WBS

2016年8月30日放送のワールドビジネスサテライトに五味院長が出演しました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_117293/

http://lovely-lovely.net/business/mandom

職場などで起きるニオイに関するトラブル「スメルハラスメント」。男性化粧品メーカーのマンダムは正しい知識と対策を教えるセミナーを開いています。受講した企業側は、ニオイに関する意識改革を社員全員が行えば、そういった問題が起きない環境がつくれると期待しています。専門家は、強いミドル脂臭は健康を損なっているということだけでなく、ニオイによって本人は自信がなくなり、周囲にも不快感を与えることから仕事上の影響もあるといいます。ミドル脂臭は2013年にマンダムが発見。抑制効果のある商品を販売し新たな市場を開拓しました。タクシー大手の日本交通では、通称「ファブタク」の運行を始めました。エアコン部分には、ファブリーズがセットされています。乗車前には運転者が2人1組となって、お互いのニオイをチェックしています。ニオイ対策で差別化を図ることで、乗車率の増加につなげたい考えです。
posted by gomiclinic at 09:47| テレビ

夏の快眠に不可欠!「質のいい寝汗」のかき方 汗っかきの人には「煎餅布団」が最適な理由

五味院長の取材記事がフミナーズに掲載されました。

Fuminners 2016年08月15日
http://toyokeizai.net/articles/-/131288
posted by gomiclinic at 09:26| ネット

2016年09月13日

寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果

五味院長の監修記事が掲載されました。

寝るためには汗をかけ! 夏の寝汗が睡眠にもたらすスゴイ効果
2016年08月10日 21時00分 Doctors Me
https://news.nifty.com/article/item/neta/12124-3741/

寝苦しい夏の夜。「汗の不快感で目が覚めた」「起きたら汗でびっしょりだった」ということもあるのでは? 夏の不快な寝汗を最小限に留めるにはどうしたらよいのでしょうか? 五味クリニック院長で体臭・多汗研究所所長も務める、五味常明先生に伺いました。
posted by gomiclinic at 16:47| ネット

2016年09月12日

夏のニオイ対策の強い味方。ふき取りシートと制汗剤の上手な使い方とは?

Our Ageに五味院長の取材記事が掲載されました。

OurAge 8月2日(火)9時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160802-00010000-ourage-life
気になる汗をストップするには?かいた汗の不快なニオイを最小限に抑えるには?体臭・多汗治療の第一人者としてTVや雑誌などで活躍する「五味クリニック」の五味常明院長に、おすすめのアイテムと使い方のコツを教えてもらった。
posted by gomiclinic at 16:53| ネット

2016年09月09日

40代以降は要注目!進化系ボディソープで 夏の「汗くささ対策」

Our Ageに五味院長の取材記事が掲載されました。

OurAge 8月3日(水)14時20分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160803-00010001-ourage-life

夏本番、毎日気になる多汗&体のニオイ。特に更年期が原因で、今まで以上に汗とニオイを気にかけている人も多いのでは?進化したニオイ対策アイテムが救世主になるかもしれない。 体臭・多汗治療の第一人者としてTVや雑誌などで活躍する「五味クリニック」の五味常明院長に、おすすめのアイテムを教えてもらった。

posted by gomiclinic at 06:56| ネット

2016年09月08日

画期的な消臭法も登場!気になる「夏の汗&ニオイ」対策のお役立ちアイテム

OurAgeに五味院長の取材記事が掲載されました。

OurAge 8月1日(月)17時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160801-00010001-ourage-life

自分で気づくようなら、まわりの人たちにも「におう」と思われているかも? お出かけ前や洗濯時に使えるおすすめのアイテムを、体臭・多汗治療の第一人者としてTVや雑誌などで活躍する「五味クリニック」の五味常明院長に教えてもらった。
posted by gomiclinic at 17:06| ネット

2016年09月07日

「普通の汗」「冷や汗」「脂汗」は全部同じ成分だった! 意外と知られていない、汗のメカニズム

日刊サイゾーに五味院長の取材記事が掲載されました。

 まだまだ暑い日が続く日本列島。汗っかきにとっては悩ましい季節だ。日中に外に出ようものなら、一瞬で汗だくになることも多い。噴き出る汗を何度も拭ううちにハンカチもびしょびしょになる。いっそ汗をかかない体がほしい――。そう思う人も少なくないだろう。
 しかし、汗の専門医として過去30年近くにわたって多くの患者を診てきた五味クリニック院長・五味常明氏は「汗は大いにかくべき」だと主張する。

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cyzo_20160810_861231
posted by gomiclinic at 14:41| ネット

2016年09月02日

いっぱいあそんで いっぱい汗をかこう

あたたかいまなざしで8月 197号(子育て支援センターあいりん)に五味院長の記事が掲載されました。


あたたかいまなざしで8月 197号(子育て支援センターあいりん)
最近、汗をかかない子どもが急増している
http://airin-youji.jp/doc/manazashi.pdf
posted by gomiclinic at 07:00| 雑誌

節電の夏を乗り切る!からだの上手なクールダウン

アイリス暮らし元気ナビに、五味院長の取材記事が掲載されました。


昨年に続き、今年も節電の夏がやってきます。もしも、観測史上最高を記録した2010年並みの猛暑がやってきたら…!? と考えてゾッとしている人も多いでしょう。そこで今回は“汗博士”として著名な五味常明先生に、現代の日本人の身体と熱中症対策について教えてもらいました。
https://www.iris-kurashi.com/health/health/Heat-illness/
posted by gomiclinic at 06:48| ネット

2016年08月31日

「太っている人の汗は臭い」ってホント? そのにおいは加齢臭、疲労臭、ミドル脂臭、糖尿病臭の複合体だった

日経グッデイに五味院長の取材記事が掲載されました。

日経グッデイ 2016/8/17
「太っている人の汗は臭い」ってホント? そのにおいは加齢臭、疲労臭、ミドル脂臭、糖尿病臭の複合体だった
http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100018/081000040/?ST=bodycare&P=1
posted by gomiclinic at 07:16| ネット